国父記念館の孫文像、28×38cm、ファブリアーノ300g、1913年、)

国父とは、中華民国の創始者孫文のこと。台湾は孫文の後継者を自任していた蒋介石が、大陸に対立する形で中国の正統政府として建てた国だ。よって、孫文の権威は圧倒的といってよい。なにしろ、蒋介石のモニュメントが、政治抗争のあおりを受けて撤去されることはあっても、孫文のモニュメントは、中国の星としていつまでも尊敬を集める。

その孫文を記念した国父記念館は、台北の街の東にある。筆者らは、台北中心部のホテルに泊って台北観光をした折に、善導寺から地下鉄に乗って台北東部の国父記念館駅で下車し、ここを訪ねたものだった。

この銅像は、国父記念館の傍らにある庭園の一角に立っていた。





HOME


作者壺齋散人:All Rights Reserved (c)2012-2014
Mail: chimei_an05@yahoo.co.jp