尾瀬の湿原(28×38cm ファブリアーノ 2012年)

先日、一緒に尾瀬に遊んだ仲良しの熟女たちを描いた水彩画を、このブログにアップしたところだが、今度は雄大な尾瀬の湿原を描いたものをお見せしたい。

我々が訪れたのは7月下旬で、ちょうどニッコウキスゲの盛りの時期だった。筆者は過去にもこの時節に尾瀬に来たことがあったので、その折の経験をもとに、熟女たちにも花盛りの尾瀬を見せてあげたいと思い、ちょうどよい折り合いを選んで、彼女たちを連れて来たわけなのだった。

この絵は、尾瀬沼に向かって歩く途中に目にした風景だ。前の方に尾瀬沼がブルーに光って見え、その先には燧ケ岳が見えた。木道には様々な人たちが、思い思いに初夏の高原の空気を楽しんでいるように見えた。




HOME


作者壺齋散人:All Rights Reserved (c)2012
Mail: chimei_an05@yahoo.co.jp