イェローオーカーの使い方:混色




イェローオーカーは彩度の低い黄色です。純粋な黄色に比較し、赤みと青みを含んでいますので、黄色といっても薄茶色に近く、渋みのある色です。薄く溶いて塗るとおだやかな黄色となり、他の色と混色すると、深みのある色が得られます。こんなことから、画家によっては、黄色の基本色としてこの色をもっぱら使う者もいます。

また、イェローオーカーは、粘度を原料にしている、いわゆるアースカラーの一種ですので、粒状化など、アースカラーに特有の性質を持っています。


イェローオーカーとカドミウムレッドを混ぜると、煉瓦色ができます。


イェローオーカーとアリザリンクリムソンを混ぜて薄く塗ると、人の肌の色になります。アリザリンクリムソンの代わりにカドミウムレッドを用いて薄く塗っても、肌の色に近い色が得られます。ジョーンブリアンなど、肌色とされている色を塗るのもよいですが、複数の色を混色したほうが、味わい深い色合いが得られるようです。



イェローオーカーとセルリアンブルーを混ぜると、緑青のさびたグリーンが得られます。右は、セルリアンブルーのかわりに、シアンを用いたもの。

or

イェローオーカーとパープルの混色。右はイェローオーカーを多くしたもの。

or

イェローオーカーとフーカーズグリーンの混色。

or

イェローオーカーとバーントアンバーの混色。


イェローオーカー、セルリアンブルー、アリザリンクリムソンの三色を混ぜると、渋いグレーが得られます。三色の配合を微妙に変えるjことによって、グレーはさまざまな色相を見せます。





       


                東京を描く水彩画TOP混色