赤と黄色の混色:オレンジの作り方




赤と黄色の混色から、二次色のオレンジが得られます。鮮やかなオレンジは、青みの成分を含まないので、朱色系の鮮やかなレッドと、赤みを含んだ黄色との組み合わせが最も鮮やかなオレンジを作り出します。オレンジに青みの成分が多く含まれると、煉瓦色や茶色のような彩度の低い色になります。


カドミウムレッドとカドミウムイェロー・ディープとの混色。どちらの色も青みを含まない暖色ですので、オレンジも温かみのある鮮やかな色になります。




左はレッドを、右はイェローを多めにしたもの。


カドミウムレッドとレモンイェローの混色。オレンジはやや彩度が低くなりますが、カドミウムレッドの勢いのため、綺麗な色になっています。


左はレッドを、右はレモンイェローを多めにしたところ。


マゼンタ系の、青みを含んだアリザリン・クリムスンをベースにすると、オレンジの彩度は低くなりザクロのような色になります。これはカドミウムイェロー・ディープとの組み合わせです。




左はアリザリン・クリムスンを、右はカドミウムイェローを多めにしたもの。


アリザリン・クリムスンとレモンイェローを混色すると、オレンジの彩度は更に低くなり、煉瓦色のようになります。




左はアリザリン・クリムスンを、右はレモンイェローを多めにしたところ。





       

             東京を描く水彩画TOP混色