WATERCOLOR
 −水彩画:画材・技法・アーチスト
HOME | 壺齋閑話東京を描く西洋美術日本美術プロフィール掲示板


     

   


水彩紙の原料と製法

輸入水彩紙

国産水彩紙

水彩紙の体裁

水彩紙の水張と波打防止


水彩画作品の額装と保存



watercolor
papers


水彩紙の命

1 酸化せずに、紙自体の寿命も、色彩の持ちも長いこと、つまりいつまでも生き生きとした色合いを保ち続けられること
2 絵の具ののりがよく、発色が美しいこと
3 紙の表面が丈夫で、ひっかいたり、こすったり、マスキングを施したり、いろいろな技法に耐えられること
などに求められます。

このような要求にこたえるため、コットン100パーセントの、酸化防止を施された紙が、高級な水彩紙とされています。
水彩画は、外の表現手段に比べて、紙の選択が絵のできばえに及ぼす影響が、格段に大きいので、少しくらい高価でも、是非定評のある良い紙を使うべきです。

  





HOME水彩紙絵の具筆と小物素描色彩混色彩色
アーチスト人物画風景画東京を描く