グレーと黒の作り方:混色テクニック




グレーや黒のニュートラルといわれる色は、補色同士の組み合わせで得ることができます。理論的には、補色関係にある色を混ぜ合わせれば、どんな組み合わせからでも、ニュートラルな色が得られます。

しかし、水彩画の現場においては、グレーは青系の色とオレンジを組み合わせて作るのが一般的です。青系の色には様々なものがありますから、そこからグレーにも多くのバリエーションが生まれます。

このほか、画家によっては、青、赤、黄色の三原色を混ぜ合わせることで、グレーを作っている人もいます。


or

セルリアンブルーとオレンジを混ぜ合わせると、涼しいグレーができます。右端は、セルリアンブルーをやや多めにしたものです。


セルリアン・ブルー、カドミウム・イェロー、アリザリン・クリムスンの三原色を混ぜ合わせてつくったグレーです。三色を混ぜると、グレーには幅と深みのあのある色合いが期待できます。

or

ウルトラマリン・ブルーとオレンジを混ぜると、温かみのあるグレーができます。

or

オレンジの代わりにバーントアンバーをウルトラマリン・ブルーと混ぜると、きれいなグレーができます。また黒に近い色もできますので、人間の髪の色を描くときなどには、非常に重宝します。


黒は、ウルトラマリン・ブルーとバーントシェーナを混ぜて作ります。アイヴォリーブラックなどの黒い絵の具は、できれば使わないほうがよい結果が得られます。





       

                東京を描く水彩画TOP混色