水彩画筆




筆は絵を描く道具の中でもっとも重要なものといえましょう。水彩画用として売られている筆の中には目玉が飛び出るくらい高価なものもありますが、そんなに高くなくてもある程度の金額をはたいて、よい筆を使うようにしたいものです。

散人は、日本画に使う和筆を主に使用しています。材質は狸の毛を中心にしたものがよいようです。腰があって、彩色のコントロールがつけやすいからです。

 

平筆・・・広い面を均一に塗ったり、グラデーションを利かせるときに役立ちます

彩色筆・・・その名のとおり用途の広い筆です

削用筆・・・エッジを利かせたり、細かい部分を描くのに適しています

面相筆・・・細い線を描くときに用います







             東京を描く水彩画TOP筆と小物